看護部職場紹介Introduce each department

HOME > 看護部職場紹介

看護職場紹介

地域医療に求められる療養型から超急性期までの299床の病床群
地域医療を守る救急医療・小児救急医療

船橋二和病院の職場紹介

1階西病棟(療養型病棟)

急性期治療は終わり家に帰るためにもう少し生活環境を整えたい、体力をつけたい、次の療養先が決まるまでの生活の場が必要という患者さまが入院されています。

季節の行事や音楽療法など、レクリエーションを行っていることも療養型病棟のひとつの特徴ですが、看護師と看護補助者で学習会をおこない、お互いの役割を活かせるように常に話し合いを持ち患者さまと向き合っています。

2階西病棟(回復期病棟)

「24時間生活リハビリ」を目指して開設されました。多職種がチームを組み情報の共有を大切に、毎日ミーティングやカンファレンスを行っています。地域連携にも力を入れ、看護師は介護福祉士とチームを組み、疾病管理だけでなく、入院時から多職種と共にADLの合同評価を行い転倒予防や、「飲み込み」の評価を行い、できるだけ経口摂取ができるようケアをしています。

3階西病棟

現在、休棟中です。

4階西病棟(一般病棟7対1看護)

外科・整形外科・消化器内科の混合病棟です。私たちの病棟では患者に寄り添った、QOLが高められる看護実践をチームで目指しています。また整形外科ではリハビリスタッフと共に自宅退院を目指し、ADLの拡大を目標に看護に取り組んでいます。また、夜間の救急患者を円滑かつ一時的に受け入れるためのオーバナイトベッドの役割を担っています。

2階中央病棟(一般病棟7対1看護)

循環器内科、総合内科とHCUが併設された内科46床+HCU5床の急性期病棟です。チーム医療を重視し、多職種カンファレンス、リハビリカンファレンス、退院支援カンファレンス等、医師、看護師、SW、リハスタッフ、精神科医などと連携し、看護師はチームのコーディネーターの役割を果たしています。

3階中央病棟(地域包括ケア病棟)

患者様の入院の原因となった病気の病状が安定し、ご自宅あるいは他施設などへ移られる間、その準備をお手伝いし療養していただく病棟です。そのために、看護師始め、理学療法士、栄養士、薬剤師、ソーシャルワーカーなどが協力して療養のお手伝いをいたします。地域で安心して住み続けるために高齢者医療や在宅医療の後方支援病床として活用されています。

4階中央病棟(一般病棟7対1看護)

小児科と外科で構成されています。そして小児の成長・発達を温かく見守り、家族を丸ごと支える家族看護を実践し、育む看護をしています。外科チームは安全な看護実践と、患者さまが望む療養環境を提供できるように地域と連携をとり、看護サービスを展開しています。小児科専用病床20床は市内では貴重な病床となっており、地域の小児2次救急医療の受け皿となっています。

ハイケアユニット病床

主に救急医療の中での、救急の重篤患者の受け入れ、急変などの対応病床として活用されています。

透析センター

ベッド50床で午前午後の2クール動いており維持透析患者さまは150名です。患者さまの気持ちを理解し、透析を患者さまの生活の一部として継続できるように看護に取り組んでいます。

在宅部門

月延べ数200回の訪問をしています。訪問看護ステーションやヘルパー、ケアマネージャーと連携し住み慣れたご自宅で安心して生活できるよう支援しています。人工呼吸器装着、胃瘻、在宅中心静脈栄養などの医療依存度の高い方、また癌や老衰で人生の最期を自宅で迎えたい方などご家族と共にQOLを考え、可能な限り自宅で過ごせるよう支援にしています。

手術室

手術室では、外科・整形外科・産婦人科・泌尿器科・眼科の手術を年間約1000件、全身麻酔約500件行っています。看護師による術前術後訪問に取り組んでおり、患者様の手術に対する不安の軽減に努めています。

救急外来

病院開設以来、地域医療を守るため、24時間365日、救急医療体制を整えています。緊急性の高い患者さまや、多様な疾患の患者さまが受診されますが、少しでも早く苦痛が和らぎ、安心できるよう、緊急度や優先度を十分理解し看護をしています。救急搬送受け入れは3360件(2015年度実績)。船橋市の救急2次ネットワーク、数少ない小児専用病床を持つ医療機関として小児2次救急に参加しています。

デイケア

デイケアでは、高齢者や障害のある方に一日楽しく過ごしていただくように色々工夫して取り組んでいます。朝は利用者さまをご自宅までお迎えに行きます。
デイケア室では、まず健康チェック、挨拶で自己アピール、午前中は体操・ゲームなどのアクティビティ活動、午後は作業・カラオケ・慰問(民謡・フラダンス・コーラス)・音楽療法などで楽しく過ごします。
帰りはもちろんご自宅までお送りします。
安全をモットーに、看護師・作業療法士・介護福祉士・ヘルパーが協力して取り組んでいます。

船橋二和病院附属ふたわ診療所

ふたわ診療所は慢性疾患の管理をしている専門外来と、一般外来があります。慢性疾患の患者さまの合併症の予防、手遅れの「がん」を少しでもなくそうと年に1回の全身チェックとして定期検査をすすめています。また8つの慢性疾患の患者会があり、医師を中心に多職種と共同し、患者さま向けの様々な疾患別教育、交流会、旅行などを行っています。一般外来の外科では外来化学療法室があり精神的、身体的ケアに心がけています。小児科では一般外来の他、乳児の発達相談や育児相談、また障害児のご家族への支援など様々な看護を展開しています。精神科外来は近年増えている認知症の対応で物忘れ外来があります。

看護部のご紹介

私達と一緒に船橋二和病院で働いてみませんか?
皆様からのお申込み・ご応募を心よりお待ちしております!